喜び

新しいものの誕生 地球上で初めて鮮やかな色が芽生えたとき 夕焼けの薄い色 蜘蛛の巣のように儚い花びらをひらいた睡蓮のように 命が吹き込まれた瞬間 ゆっくりと呼吸をしながら静かに耳を傾ける聞こえてくるすべての音 身体の中へ入り込みミクロの世界から宇宙の音にまで 血液が踊る木の枝のように様々な方向へ向かって広がりつ